親も貧乏なので生活費のためのカードローンで悩んでいる

親も借金をしていて借金苦という貧乏一家です。今では、私も働けるようになっているのでカードローンを考えています。目的は生活費なのですが、そのようなカードローンはあるのでしょうか?

生活ローンがございますのでそちらを利用してください

そのままですが、生活ローンがあります。生活ローンとは、生活全般で利用できるローンで、主婦などが子どもの生活費用のためにローンを組まれることが多いローンとなっています。また、貧乏な親を気にしておられるようですが、生活費のためであればカードローンなどの借金はかなり甘くなっています。というのも、人によっては5万円前後で借りられるケースが多いので、安心してカードローンできるからです。

カードローンについては、自分で金額を決めて審査の申請をする流れになっています。どうしても、貧乏な生活をされていて収入についてもあまり自信がない・・・のであれば、5万円まででまずはローンを組んでみましょう。また、ローンについては即日で審査が終わるようになっていますが、これは銀行でもサラリーマン金融でも一緒です。サラリーマン金融は審査が早いと言われていますが、それも昔の話なのであまり気にしないでください。

次に、親が貧乏であった場合のローンへの影響ですが、まったくといっていいほどありません。今では、家族構成・借金額などについては銀行でもサラリーマン金融でも、すぐにわかるようになっているからです。つまり、質問者様があまり借金をされていない、トラブルなどを起こしていないのであれば問題なく審査通過となるのです。審査については即日で終了となり、カードローンについては数時間後からで利用可能になるようにもなっています。

親が貧乏で生活費の援助が必要な時にはカードローンの利用が便利

私たちの日々の生活の中では、ちょっとしたお金の必要時に財布の中身や銀行の預金残高がゼロに近く、どうしても金額が不足してしまうことがよくあるものです。そういった時に人はまず血のつながった親にお金の無心を頼むものですが、それでも肝心の親が貧乏でお金に窮している状態であった時には無理に援助を頼むわけにもいきません。それどころか、本当に貧乏で生活が立ち行かない場合には、むしろ子どもの方から資金援助の手を差し伸ばしてあげなければならないケースも多々起こり得ます。

こうした事態に対処するにあたって、銀行や消費者金融で契約できるカードローンはとても便利にお金を融資してもらえる借り入れサービスです。そもそもカードローンとは自分専用の個人カードを発行することで、これを用いて全国の提携ATMから手軽に融資金を引き出せるという方法のことを差します。最近では銀行や消費者金融がコンビニチェーンと提携している場合も多く、お金の不足時に深夜や早朝にでもコンビニに駆け込んで融資金を手にするということも可能となっています。これならば、契約者本人のみならず、親がお金に困った場合にもすぐに用立てできて振り込みや送金してあげることも可能。また、緊急に実家に帰省しなければならなくなった折にも、迅速に費用を調達することができるので安心です。

ただし、このカードローンの契約においては審査を受けることが必要です。その受付窓口は、店舗、電話、ネット、自動契約機などが挙げられますが、これらで氏名、職業、勤務先、年収といった個人情報を記した上で申請を行い、必要に応じて身分証明書や収入証明書の提示を求められる場合もあります。これらを受けて金融機関側の審査担当者が申請者の返済能力を精査し、カードローン利用の可否を最終判断することとなります。この所要時間は40分ほどと極めて短く、審査が通過できれば後は迅速に個人カードが発行されて、カードローンの活用が可能となります。こうしたスピーディーな対応もカードローンが支持を集める要因と言えるでしょう。